土地改良区の愛称『水土里ネット』について

土地改良区の愛称『水土里ネット』

The Nickname of Land Improvement District

【背景】

 水土里(みどり)ネットは、土地改良区の愛称です。水土里ネットは、水と土地と里を担う土地改良区の機能を一般の人々に親しみをもって理解していただくため、投票で選ばれました。

[The Background]

"MIDORI Network" is a nickname for the Land Improvement District (LID), a legal entity. The manmade term "MIDORI Network" has been selected by vote in order to make the people in general become familiar with the functions of LID, such as the management of water and land resources and environment of the rural community.

【愛称『水土里ネット』の意味】

「水」・・・・・・・農業用水、地域用水など。
「土」・・・・・・・土地、農地、土壌など。
「里」・・・・・・・農村空間。農家や地域住民が一体となった生活空間など。
『水土里』・・・・・・・・豊かな自然環境、美しい景観を意味し、おいしい水、きれいな空気など清廉なイメージを表現しています。
『水土里ネット』・・・・以下のような意味合いを包含しており、将来に向けた土地改良区の役割と姿を表現しています。

[Implication]

The term MIDORI stands for a series of combined syllables of water, land
and community in Japanese as well as environmentally friendly green

【水土里ネットの目的】

■地球10周分の水路ネットワーク

土地改良区は、全国の40万Kmに及ぶ水路等のネットワークによって農村の健全な水循環を形成し、農地を潤すことにより安全で安心な「食」と「農」の基盤づくりを担うとともに、これが国民共有の財産である美しい農村の基礎ともなっているとの役割を地域及び国民にアピール。

■農家、地域住民等のネットワーク

人、物、情報のつながりにより、農家のみならず、地域住民や都市住民と連携(ネットワーク)して、「水」、「土」、「里」を 創造し、都市と農村の共生対流を促進。

■資源循環のネットワーク

農村で発生する有機性資源(集落排水汚泥等)の農地への還元など、廃棄物のリサイクルによる資源循環を通じ、循環型社会の構築に取り組む。

【その他】

 土地改良区関係の二団体を水土里ネットを使って表せば、「全国水土里ネット」と「都道府県水土里ネット」になります。

※土地改良区関係の二団体
1.全国土地改良事業団体連合会
2.都道府県土地改良事業団体連合会

[Others]

The MIDORI Network has been incorporated in the name of the two existing LID related major organizations as follows:
The National Federation of MIDORI Networks , and
The Prefectural Federation of MIDORI Network