用水路


用水路

木曽川の犬山頭首工から取水し濃尾平野の18市町の水田に水を供給する為、国営(昭和32年以降)並びに県営(昭和46年以降)により造成された農業用水路で全て管水路(パイプライン)となっています。

●用水路施設

一覧は、こちらのPDFファイルでご確認ください。

●用水路路線図

 


用水路(国営造成分)

国営濃尾用水農業水利事業(昭和32年着工、昭和43年竣功)及び国営濃尾用水第二期農業水利事業(昭和44年着工、昭和62年竣功)により造成された水路です。

総延長は約67km。

その内、国営濃尾用水第二期農業水利事業にり造成された約57kmは管水路(パイプライン)です。付帯構造物としては、樋門、除塵機、チェックスタンド(23か所)、分水口(約370か所)等があります。

○宮田導水路

宮田導水路

犬山頭首工左岸の犬山市犬山字北古券地先に取水口を持ち、大江奥村・新般若分水樋門までの水路9.8kmです。

三面コンクリートの開渠(一部暗渠)となっています。

最大通水量は28.85m3/s、落差は19mあります。

宮田導水路は土地改良法第94条の6により宮田用水土地改良区が国から管理委託を受けて管理をしています。


○大江奥村導水路

大江奥村導水路断面図

中央管理所直下流の大江奥村・新般若分水樋門から大江・奥村幹線分岐点までのコンクリート現場打の二連箱形管水路す。

延長1.7km、最大通水量は21.18m3/sです。


○新般若幹線水路

新般若幹線水路断面図

大江・奥村導水路との分岐点から平島放水工までの8.6kmは旧用水路の右岸に一連箱形管水路を埋設し、上部は管理用道路等に利用していまwす。

また平島放水工から落合チェック工までの6.5kmはプレストレスコンクリート管水路で殆どが道路下に埋設しています。

総延長15.1km、最大通水量は5.64m3/sです。


○大江幹線水路

大江幹線水路断面図

大江・奥村チェック工から美和町地内の二ツ寺チェック工までの18.16kmは旧用水路の水路敷に一連箱形管水路を埋設し、二ツ寺チェック工から美和町の金岩チェック工までの1.44kmは水路敷に強化プラスチック複合管水路を埋設し、上部は管理用道路等に利用しています。

総延長19.6km、最大通水量は16.43m3/sです。


○奥村幹線水路

奥村幹線水路断面図

大江・奥村チェック工から一宮市、木曽川町、尾西市と流下し、尾西市祐久地内の牧川森上チェック工までの旧用水路の水路敷内に埋設された一連箱形管水路で、その上部は管理用道路等に利用しています。

延長13.1km、最大通水量は4.75m3/sです。


○大塚支線水路

大塚支線水路及び二ツ寺支線水路断面図

大江幹線水路の稲沢市大塚町地内の大塚チェック工で分水し、井堀チェック工までの旧用水路右岸堤に埋設された強化プラスチック複合管水路です。

延長2.6km、最大通水量は2.49m3/sです。

○二ツ寺支線水路

大江幹線水路の二ツ寺チェック工で分水し、七宝町地内の七宝チェック工までの水路敷地内に埋設された強化プラスチック複合管水路です。

延長5.1km、最大通水量は3.21m3/sです。


用水路(県営造成分)

分水路については、水質障害対策事業、地盤沈下対策事業等の県営事業により昭和46年度以降用排分離がなされ管水路(パイプライン)となりました。

現在27路線があり、総延長は実に262kmにも及んでいます。付帯構造物として、チェックスタンド(36か所)、分水口(約1500か所)等があります。